電線等に用いられるロータリーコネクターは部品加工から生まれる

ヘッドライン

buhin

電線と接続用圧着端子

電線とは電力や電気信号を伝達するために、主に銅や…

最新コンテンツ

2014/05/13
電線と接続用圧着端子を更新
2014/05/13
ロータリーコネクターを更新
部品

電線と接続用圧着端子

電線とは電力や電気信号を伝達するために、主に銅やアルミで作られたケーブルのことを指す。数千ボルト以下の電圧で使用…続きを読む

部品加工

kakou

部品加工とは、機械といった工業製品に利用する金属部品を加工する技術のことである。機械等に利用される金属部品は多種多様であり、加工方法も大きく異なるため専門の機械が必要である。また、こうした加工を受注する専門の企業も存在する。
部品加工には「マシニング加工」「放電加工」「射出成形加工」といったものがある。
加工の対象である部品の材質は鉄・鋼・アルミ合金・鋼合金・ダイス鋼・焼結金属・樹脂・セラミックス等である。

生活に密着した製品である電線のロータリーコネクターも部品加工から生まれたものなのである。

安全性

kinzoku

部品加工を適切に行うことによって、製品になった際に、製品の耐久性や安全性を十分に保証できる製品を製造することができる。部品加工の精度を上げることによって、さらに複雑で高性能の機器を開発することも可能になるので、加工技術は日々新しいものが開発されている。
最近開発された工業用の加工機器には、作業スタッフの安全性や、環境負荷への配慮といった観点が、さらに重視されるようになっている。十分は安全性を確保することで、新規顧客の開拓などのアピール材料になる。

部品加工

部品加工はロボットと機械だけで自動的にできるものと考えてはいる人は多いが、実際には精密機械を代表とする機械の組み立てはわずかなずれがあると故障につながりやすいのである。過程のほとんどを組み立てシステムにしていても、最終チェックは人間の目で行っているところは多い。組み立てて終了ではなく、精査して完了なのである。

部品が小さく、加工が細かければ細かいほど精査は難しくなるものだが、信頼性というものは人間が行ったことに対して発生するものなのである。